なるべく簡潔には書きたいブログ

∠ポルアカ(http://twitter.com/pg9998ah74)。 今や就職1年目の悲しいかな社会人だぜのポルノグラフィティファンです。 2012年love up!入会(7年目) ライブ等のネタバレは書きませんのでご安心ください。 ゆくゆくはポルノ以外のことも書いていこうと思ってます。

2018年のポルノグラフィティ

どうも、お久しぶりです。

 

仕事が忙しく更新がなかなかできませんでした(言い訳)

まあ需要があるとは思ってませんが()

 

早いもので、あと1日でもう2018年が終わろうとしています。

そこで、今回は2018年のポルノの活動を簡単に振り返ろうと思います。

 

3月
・46thシングル「カメレオン・レンズ」(1月期ドラマ「ホリデイラブ」主題歌)リリース
・9月にメンバーの地元尾道市で行う「しまなみロマンスポルノ’18」の開催を発表

 

4月
2017年11月からのBEツアー終了

 

7月
47thシングル「ブレス」(「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」主題歌)リリース

 

9月
・しまなみロマンスポルノ’18〜Deep Bleath〜開催(2公演の内1公演悪天候により中止)
・16thライブサーキットの開催を発表
・初の配信限定シングル「Zombies are standing out」(SONY WALKMAN web CMソング)リリース

 

10月
しまなみロマンスポルノ’18〜THE LIVE VIEWING〜開催

 

12月

・16thライブサーキット「UNFADED」スタート
・配信限定シングル第2弾「フラワー」(映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話」主題歌)リリース

 

まずは2017年11月から続いた「BUTTERFLY EFFECT」全国ツアーが4月に終了しました。

 

ボーカル昭仁さんのまさかのインフルエンザにより昨年12月の年内最終公演と2月頭のライブが延期になったことはポルノファンにとってはかなり心配・不安な出来事でしたね。

 

体調不良で公演が延期になるのはポルノのメジャー19年の中では初めてのことでしたから。

 

自分は2度目のインフル発症直後のフェスティバルホール公演に参加しましたが、まあ1週間前までインフル患者だったとは思えない、いつもと何ら変わりない最高のライブでした。

 

BE終了後の9月には、初の地元野外ライブ

「しまなみロマンスポルノ」


自分は1日目のみの参加予定で悪天候の中無事参加できたのですが、残念ながら2日目は警報のため中止となりましたね。

 

ポルノのライブが悪天候のため中止となるのは2011年以来2度目でしょうか。(その時は台風で、振替公演を開催)

 

ポルノ含む全ての方々の無念さが本当によく伝わってきました。


誰も悪くない天候のことですから、何を責めたら良いのかもわかりませんしね。
このようなことが今後ないことを祈るばかりです。

 


…話は変えまして、

 

2018年はポルノがメジャーデビュー19周年を迎え、20年目に突入する節目でありました。

 

そのことから、今年は配信限定はあれどシングルを4枚リリースしてくれました!!!!

 

ポルノが年に4曲以上のシングルをリリースするのは2008年の5曲以来10年ぶりです。

 

前述にもありますが、

 

カメレオン・レンズ
ブレス
Zombies are standing out
フラワー

 

の4曲ですね。

 

まさに、「今のポルノグラフィティ」を表しているのではないでしょうか?

 

というのも、以前から楽曲の振り幅が広いポルノですが、この4曲は極端にそうですね。

 

不倫ドラマの主題歌でもあったカメレオン〜の醸し出す大人の雰囲気。
「禁断の恋」を晴一さんが書くとそれはもう最強ですし、ドラマにもぴったりでした。

 

カメレオン〜とは真逆の和やかで明るい曲ブレス。

ポケモンタイアップでしたが、これも映画の内容にマッチしていたのではないでしょうか。

まさかポケモンでポルノが流れる日がくるとは…

 

打って変わって次はZombies〜。
ポルノらしい疾走感溢れる、久しぶりにゴリゴリな曲。
テレビで披露されることがなかったのが残念でしたが。
※先日のバズリズムではバズリズムライブの様子として一部オンエアされました。

 

そして最後はフラワー。
ここにきて41stシングル「ワン・ウーマン・ショー 〜甘い幻〜」以来のバラードシングルです。

タイアップが付いている映画は今月28日から公開となりました。
もちろん観に行く予定です。

 


ポルノといえば、ファン以外の方からは全盛期の「サウダージ」「アゲハ蝶」をはじめとする2000〜2004年のイメージが強いですが、今のポルノはあの頃よりも面白みがあると客観的に見てもそう思うんですよね。

 

あの頃になくて今はあるもの、またその逆もあるとは思いますが。

 

来年は満20周年を迎えます。
更なる飛躍を期待できると思いますし期待しています。

 

さて、今年も残り今日と明日のみ。


最後の2日はポルノのライブで最高の締めくくりをしてきます!!

 


フラワー

アリーナツアーに向けて⑥〜シングル以外〜

前回までの記事でシングル曲のアリーナツアー披露予想は終えたので、今回は

 

「シングル以外の曲」

 

の予想をしたいと思います。

所謂カップリング曲やアルバム曲ですね。

とは言っても膨大な量の曲があるので、まずは定番曲から。

 


①『Century Lovers』
通称「センラバ」
2000年リリースの1stアルバム「ロマンチスト・エゴイスト」に収録され、その後2004年のベストAL「BEST RED’S」にも収録された曲。


デビュー初期からのライブ定番曲です。


とは言っても、近年はあえて演らないことも少なくはないですが。


例えばここ5年で演奏がなかった単独ライブは、

2017〜2018年 BE
2016年 THE WAY
2014年 惑ワ不ノ森
2013〜2014年 LEMF1999

 

になります。
昔のポルノだと考えられませんw

 

それくらいライブど定番でした。

 

とは言っても、このセンラバの前哨戦とも言える儀式「Before Century 」はほぼ全てのライブで行われています。

(BEツアーではそれもなかったことに驚きましたが)

 

ボーカル昭仁さんの掛け声に合わせて「フー!フー!」とコール&レスポンスをするんですね。


ポルノのライブ名物とも言えます。


阪神タイガースの関本選手の入場曲としても使われていました(正式な音源はないので、ポルノが関本選手用に作ったもの)。

 

昔はBefore CenturyからのCentury Loversの流れがセットでしたが、最近はBefore Centuryから違う曲に繋がったり、Before Centuryを曲前ではなく曲間にやったりします。

 

最新ライブであるしまなみロマポルでも曲間にやっていました。

 

そして、何と言ってもこの曲では昭仁さんによる「股間パフォーマンス」が行われますw

 

そのパフォーマンスも昔はよくやっていたんですが、2014年LEMF1999ツアーを最後に何故か長らく封印されていたんですよね。

 

意図的にやっていなかったのか…

 

もうやらないのかと思われたそんな時、先月のしまなみロマポルで何と久しぶりに披露!!!

大変盛り上がってましたねww

 

ちなみにLEMF1999ではヒトリノ夜でやられていました。


ということで、最近は演らないこともある定番曲ですが、大変盛り上がりますし是非ともアリーナツアーでは演ってほしいです。

 

披露予想:★★★★☆

 


②『ジレンマ』


ポルノのライブアンコールラスト1曲といえばこの曲。

初出は2ndシングル『ヒトリノ夜』のカップリング曲であり、アルバムverは1stアルバム「ロマンチスト・エゴイスト」に、通常verは「BEST RED’S」に収録されています。


インディーズ時代からずっと演奏されている曲であり、サポートメンバー含むメンバーのソロ回しがあったりと、とにかく最後に「アホになる」曲です。

 

2008年の10 YEARS GIFT
2010年の∠TARGET


など、ごく稀に演奏がなかったライブもありますが、ポルノの単独ライブでは最も演奏率が高い曲だと思われます。

★★★★★

 

 

とりあえずシングル以外の大定番はこの2曲です。

 

それでは逆に、披露可能性が低いと思われる曲を挙げていきます。

 

『ハート』
『ダリア』
『ワールド☆サタデーグラフティ』
『Part time love affair』
『Rainbow』
『月飼い』

 

『狼』
『Aokage』
『そらいろ』

 

『グッバイサマー』

 

…です。笑

 

お気付きの方もおられると思いますが、簡単な理由を書きますと…

 

③2017〜2018年BEツアーで披露

④先月のしまなみロマンスポルノ’18で披露

⑤タイトルからお察しかもしれないが、暗黙の了解で秋の野外ライブ限定曲になっている

 

以上ですw


ロマンチスト・エゴイスト

 

(あと3日で)BUTTERFLY EFFECTから1年

ポルノグラフィティの最新アルバムである

「BUTTERFLY EFFECT」

のリリースは2017年10月25日。

 

あと3日でちょうど1年です。


オリジナルALとしては11枚目ですね。

 

収録されているシングル曲は2016〜2017年リリースの

 

43rd「THE DAY」
44th「LiAR/真っ白な灰になるまで、燃やし尽くせ」
45th「キング&クイーン/Montage」

 

の5曲。
キャッチーでまあ強いことw

 

アルバムについては簡単にではありますが、先日も書かせて頂いたのでこちらを参照して頂ければ幸いです。
↓↓↓
https://poruaka201205.hatenadiary.jp/entry/2018/10/14/221802


ちなみに自分がこのALで1番好きな曲は
「夜間飛行」

です。


美しいバラードですが、ALを聴いた当初はこの曲と「170828-29」で1位争いをしていました。

 

…が、ツアーでのあの演出ですよ。
完全に夜間飛行に持っていかれました。

 


話は変わり、このALリリースを記念して昨年の10月21日に東京で行われた


「しまなみテレビ 公開生放送」


に実は参加したんです。

ダメ元で応募してたんですが、まさかの当選しました…!!

 

その時のことを簡単に振り返ってみます。

 

 

開始前、会場ビルの入口に整理番号ごとに整列し待機していました。

 

中の様子は外からは見えなくなっているものの、生演奏(しまなみテレビでは毎回の生演奏がお決まり)のリハが聞こえてくるんですね。

 

そして入場し、最初に姿を現したのは…

 


お決まりのはっさくメガネさんです。
身長が高いんです。

 


11(枚目のアルバム)×10=110人が招待されていたようですが、すでに会場のテンションは最高潮。

 

それもそのはず、ステージと観客席の距離がかつてない程の近さ。

 

はっさくメガネが控え室にいるメンバーに声をかけるだけで歓声が起きるんですねw

 

焦らしに焦らし登場したお2人との距離の近さには感動しました。

あの距離感は後にも先にももうないかもしれません。

 

和気藹々とした空気の中番組は進行し、最後の生演奏は


「オー!リバル」

 

アコースティックverは初めての演奏です。

いつもながら、まあ昭仁さんの喉の調子が絶好調なこと。

ご本人も歌う前に、今日は調子が非常に良いと言っていました。

 

リハで聞こえてきていた曲もこの曲でした。


演奏中、何度も昭仁さんと目が合っていました()

 

生放送が無事終了し、最後の挨拶では、

昭仁さん「アルバム是非聴いてください。自信作なので。」

 

晴一さん「デビューした頃のように勢いでたくさん曲をリリースしているわけじゃないけど、その分1曲1曲により気持ちを込めて作ってる。これまでのアルバムを聴きながら気をつけて帰ってください」

 

というようなことを仰ってました。
確かに、近年は以前に比べCDリリースの間隔があいています。

 

そして、1曲1曲のクオリティが高くなっています。

 

来年、もしくは再来年あたりに恐らくリリースされるアルバムには現段階でも、

 

46th「カメレオン・レンズ」
47th「ブレス」
配信限定「Zombies are standing out」

 

が収録されると予想されます。
傑作の予感しかしないですね!!

 


BUTTERFLY EFFECT(初回生産限定盤)(DVD付)

ゾンビ

9月28日、ポルノグラフィティ初の配信限定シングルとしてリリースされたのが、

 

『Zombies are standing out』

 

※過去にm-FLOODという配信限定曲があったが、これはシングルではない

 

告知されたのが9月25日。
突然の発表な上に、タイアップはついているものの特に地上波等で宣伝することも現状なく、ファンのみぞ知る(?)ような新曲となっています。

 

タイアップは
SONY WALKMAN A50シリーズ のWEB CMソング。

作詞は新藤晴一 作曲は岡野昭仁

と黄金組み合わせとなっています。


この組み合わせは人気の高い曲が多いんですよね。
シングルで言うと

今宵、月が見えずとも
瞳の奥をのぞかせて
2012Spark
オー!リバル
ブレス

などなど。


オリコンのデジタルランキングではデイリー1位、週間では4位となりました。

 

言いたいことはTwitterに書かせてもらったものを引用しますw

f:id:pg201205:20181016190932j:image

 

今年リリースしたシングル3曲で、どれが1番好きかアンケートも取ったのですが、回答してくださった380人の中ではこのような結果になりました。

 

zombies〜はリリースされたばかりなので少し有利かもしれませんが…

 

ちなみに自分はカメレオン・レンズです。


最近は新曲を出す度に新しい一面を魅せてくれるポルノですが、今回の楽曲もこれまでにはなかったような曲調となっています。

 



Zombies are standing out

1st配信限定シングル
アリーナツアーでの披露予想:★★★★★


P.S.
昨日15日はポルノグラフィティ ボーカル 岡野昭仁さん44回目のお誕生日でした!!

見た目が若々しいこともそうですが、何と言っても衰えるどころか進化し続けるボーカルにはいつも圧倒されています。
たくさんあるポルノの魅力の中でも、最も最大なものは昭仁さんの歌声でしょう。
才能もあったでしょうが、相当な努力も日々されていると思われます。
これからも応援し続けますし、目先のアリーナツアーも楽しみにしています!!

アリーナツアーに向けて⑤ 40th〜47th

第5弾。


ここからは2014年以降のシングルであり、ベストALには未収録となっています。


40th『俺たちのセレブレーション』
2014年9月にリリースされたメジャーデビュー15周年の祝う曲。
ここからのシングル3作は「3さいシリーズ」と謳われ、「見んさい」に当たるシングルとなっています。
実際、MVは衝撃でした…↓↓↓

https://youtu.be/PeF-0cDy89Y

 

単独ライブで演奏されたのは2014年惑ワ不ノ森と2015年ダイキャスツアーのみ。
周年色の強い曲なので演りそうな気もしますし、あえて演らない気もしますし…
★★★☆☆


41st『ワン・ウーマン・ショー 〜甘い幻〜』
「聞きんさい」シングル。
惑ワ不ノ森のアンコール1曲目に初披露された楽曲ですが、曲終わりにモニターに表示されたタイトルに衝撃を受けたのが懐かしいです。
先月のしまなみロマポルで披露されたので、今回はないと思います。
ちなみに、FC会報によるとギターの新藤晴一さんはこのタイトルがかなりお気に入りのようです。
★☆☆☆☆


42nd『オー!リバル』
3さいシリーズのラストにあたる「歌いんさい」シングル。
「まさかの」劇場版名探偵コナンの主題歌となったこの曲。
久しぶりのラテン調の曲やアップテンポ、更にはコナン主題歌ということも相まって配信を中心にかなりヒットしました。
年間上位にランクインもし、間違いなく近年のポルノの代表曲です。
曲中には手拍子や合唱の部分もありライブで盛り上がります。
前回の単独ライブでの披露は2016年THE WAY以来なので、今回は演るかと!
★★★★☆

 


40th〜42ndシングルは2015年8月にリリースされた10thオリジナルアルバル『RHINOCEROS』に収録されています。
オリコンウィークリーチャート1位を獲得し、3週連続トップ10入りを果たしたALです。
ちなみにサウダージカップリングには【冷たい手〜3年8ヶ月』という曲がありますが、オリジナルアルバムとしては2012年のPANORAMA PORNO以来3年8ヶ月ぶりのリリースでした。
このALは評判が良いんです。
というのも、ANGRY BIRDやミステーロ、ハネウマライダーに継ぐ新たなタオル回し曲となったOhhh!!! HANABI等、アルバム曲が強いんです。
特にミステーロに関しては、何故これをシングルで出さない…と思わされます。


RHINOCEROS(初回生産限定盤)(DVD付)

 

43rd『THE DAY』
アニメ「僕のヒーローアカデミア」の第1期OP。
まさかの2作連続のアニメタイアップ。
そして久しぶりのまともなタイトル()。
これもまた配信を中心にヒットし、ポルノの近年の代表曲となりましたね。
ボーカルの岡野昭仁さんが尊敬してやまない先輩スガシカオさんに「怪獣みたいな声を出してるね」とお褒めの言葉を頂いた曲です(サビの高音)。
しまなみロマポルではなかったものの、リリース以降しまなみ以外の単独ライブでは披露されてきたので、今回は微妙です。
★★★☆☆


44th『LiAR』
オー!リバルに続き、ラテン調を短いスパンで出してきました。
これは晴一さんいわく「ポルノのルネサンス期、再確認」だそうです。
THE WAYのアンコール1曲目で初披露された際は、リリースされたものと若干のアレンジと歌詞が違いました。
この野外ライブ、参加してたんですがまた雨だったんですよね…(ポルノのライブは屋内外問わず本当に雨や雪が多いです)
★★☆☆☆


『真っ白な灰になるまで、燃やし尽くせ』
LiARと両A面で、ポルノとしては19th以来11年ぶりの両A面です。
ネオメロドラマティック等、「文字を詰め込んだアップテンポ」はポルノの得意分野ですが、これはもう振り切ってますw
カラオケで歌うと酸欠になりますし、作った昭仁さんでさえ、晴一さんいわく「進んではやりたがらない」そうです。
★★☆☆☆


45th『キング&クイーン』
通称キンクイ。
2017年グラチャンバレーのテーマソングとなっていたこの曲。
こういったタイアップの作詞が昭仁さんなのは珍しいです(晴一さんの場合が多い)。
全国ツアーBEでは本編ラスト、しまなみロマポルでは1曲目を飾りましたので、今回はないかもしれません。
★★☆☆☆


『Montage』
LiARに引き続き、キンクイと両A面シングル。
アニメ パズドラクロスのOP。
シングルで
作詞 岡野昭仁 作曲 新藤晴一
の組み合わせは初でした。
この逆かそれぞれ1人が作詞作曲を担うことが多いので、そもそもこの組み合わせ自体も珍しいです。
全国ツアーBEでは前半日程で披露されていました。
★★☆☆☆

 


43rd〜45thの計5曲のシングル曲は昨年リリースされた11thオリジナルAL『BUTTERFLY EFFECT』に収録されています。
このアルバムには「スルメ曲」が多いです。
初聴ではあまり耳に残らなくても、聴けば聴くほどハマってきます。
また、このアルバムを引っ提げた全国ツアー「BUTTERFLY EFFECT」(アルバムと同名)に参加して改めてわかることなんですが、「ライブを前提とした曲作り」がされているように思います。
どの曲もライブで化けました。

また、このALの初回版には昨年行われた台湾ワンマンライブ2日目の音源(数曲除く)がCDとして収録されています。

台湾で初のワンマンライブなだけあってセトリもシングル曲中心ですので、ポルノにそんなに詳しくない方にも非常にオススメできます。


BUTTERFLY EFFECT(初回生産限定盤)(DVD付)
                    
15th ライヴサーキット“BUTTERFLY EFFECT"Live in KOBE KOKUSAI HALL 2018(初回生産限定盤) [Blu-ray]

 

 

46th『カメレオン・レンズ』
ここからは今年リリースされたシングルです。
ホリデイラブ」というドラマの主題歌であり、ポルノとしては2012年のカゲボウシ以来約5年半ぶりのドラマ主題歌。
ポルノはいつもタイアップにぴったりな楽曲を作りますが、これもまた秀逸でした。
単独ライブではBEツアーの後半日程のアンコールでしか披露されていませんので、是非アリーナツアー本編での披露を期待します。
★★★★☆


47th『ブレス』
近年は「まさかの」タイアップが多いように感じますが、これもそのうちの1つです。
今夏公開だった「劇場版ポケットモンスター みんなの物語」の主題歌となっていました。
先月の しまなみロマポル’18の副題は「Deep Breath」となっており、この曲のタイトルを冠したものとなっていましたね。
ちなみに、これまでのロマンスポルノシリーズでライブの副題に曲のタイトルが使われた場合、漏れなくその曲は本編ラスト曲となっていました。
しかし、しまなみロマポルでブレスは最後ではなかったんですよね。
新鮮です。

ちなみに、このシングルの初回版に収録されている昨年のRIJF2017の映像はもう「最高」の一言です。

初出演となったポルノですが、6〜7万人を集客し、爆発的に盛り上げるという内容となっていますので是非是非。
★★★☆☆


シングルCDは以上です。
先月28日にはポルノ初の配信限定シングル
『Zombie are standing out』
がリリースされましたが、この曲については後日書こうと思ってます🧟‍♀️


珍しく3日連続の投稿でした。
まあ仕事が休みの間にということです(笑)

明日から仕事の皆様は一緒に頑張りましょう…!!

アリーナツアーに向けて④ 27th〜39th

第4弾。

 

今回はオールタイムシングルスベストALのDISC3からアリーナツアーでの披露予想を。


27th『今宵、月が見えずとも
昨年初出演したRIJF2017やその他の夏フェスでポルノの1曲目を飾ったこの曲。
劇場版BLEACHの主題歌としてもヒットしました。
ポルノのシングルCDでは最後にオリコン年間トップ50にランクインした曲です。
昨年3月に台湾ワンマンで演奏しているものの国内単独では2014年惑ワ不ノ森以来。
期待します。
★★★★☆


28th『この胸を、愛を射よ
2009年9月9日(メジャーデビュー10周年の翌日)にリリースされたこの曲。
2014年の惑ワ不ノ森ではメドレーで1サビのみ気持ち程度に歌われましたが、フルでちゃんと披露されたのは2010年の∠TARGETツアー以来かと。
そろそろな気がします。
★★★☆☆


29th『アニマロッサ
アニメ版BLEACHのOP。
今宵〜に続き、立て続けにBLEACHのタイアップでした。
先月のしまなみロマポルで久しぶりに披露されました。
(その前は2013年アメリカでのワンマンライブ、国内では2010年∠TARGET以来)
これまでの流れを見ると今回はないでしょう…
★☆☆☆☆

 

30th『瞳の奥をのぞかせて
北村一輝さん主演のドラマ主題歌。
作詞 新藤晴一 作曲 岡野昭仁
の組み合わせの曲は評判が良いですが(今宵〜や2012Spark、オー!リバル等)、この曲もまさに素晴らしい出来です。
前回の演奏は2015年ダイキャスツアー。
これまでの頻度を考えると今回はないような気がします。
★★☆☆☆


32nd『EXIT』
初の月9ドラマ主題歌。
前回の披露は2016年の横浜ロマンスポルノ’16〜THE WAY〜。
今回はまだないような気がしてます。
★☆☆☆☆


33rd『ワンモアタイム
2011年3月の東日本大地震を受けて、ボーカル岡野昭仁さんが作詞作曲した希望の楽曲。
先月のしまなみロマポルで披露されましたが、今年は災害も色々あったので未来への希望という意味ではまた演るかも…
非常にかっこいい曲です。
★★☆☆☆


34th『ゆきのいろ』
シングルとしては2018年現在唯一のウィンターソング。
季節色が強い曲でもあり、単独ライブでは2011年末 幕張ロマンスポルノ’11と2012年PANORAMA×42の12月アリーナ公演での演奏のみ。
今回は冬のライブですし、久しぶりに演るかもしれませんね。
★★☆☆☆


35th『2012Spark』
劇場版 逆転裁判の主題歌。
ライブで化ける曲って多いんですが、この曲は特にですね。かっこよすぎます。
前回の披露はTHE WAY。
是非演ってほしいです!!
★★★☆☆


36th『カゲボウシ』
心温まるバラード。
前回の全国ツアーBEで披露されたので、今回はないかと。
★☆☆☆☆


37th『瞬く星の下で』
アニメ「マギ」のOP。
単独ライブでの披露は先月のしまなみロマポル、その前は2013〜2014年LEMF1999。
今回はなしかと。
★☆☆☆☆

 

38th『青春花道』
15周年の印象が強いこの曲。
単独ライブではLEMF1999とその直後の神戸・横浜ロマンスポルノ’14〜惑ワ不ノ森〜以来。
ライブで盛り上がる曲なので是非とも…!!
★★☆☆☆


今回はここまでです。
珍しく2日連続の投稿でしたw
次回はベストAL未収録の40th『俺たちのセレブレーション』から最新シングルまでの披露予想を書きますのでよろしくお願いします(^^)

 


PORNOGRAFFITTI 15th Anniversary “ALL TIME SINGLES”

アリーナツアーに向けて③

第3弾です。

 

今回はベストALのオールタイムシングルスのDISC2に収録されているシングルの中から、アリーナツアーでの披露予想をしていきます。

 

15th『シスター』
2人体制となって初のシングル。また、デビュー5周年の日にリリースされた曲。
節目の曲ですし、しまなみロマポル’18では披露されなかったので個人的には披露されるのではないかと思ってます。
★★★★☆

 

16th『黄昏ロマンス』
「大切な曲です」と演奏する前によくメンバーが口にする曲。
昨年の台湾ワンマンで披露(国内単独では2014年の惑ワ不ノ森以来)されているので、個人的には今回は確率低めかなと思ってます。
★★☆☆☆

 

17th『ネオメロドラマティック
ポルノ史上初の両A面シングル。ライブ映えする曲ですが、前回の全国ツアーBEの前半日程で披露されたので、今回はどうなるか。
個人的に大好きな曲なので是非とも…
★★★☆☆

 

『ROLL』
ネオメロと両A面であり、ファン人気も高いこの曲。
しかし、9月の しまなみロマポル’18で4年ぶりに演奏されたばかりなので今回はないと予想。
★☆☆☆☆

 

18th『NaNaNa サマーガール
思いっきり夏の曲です。
まあ夏の曲だから披露されないというわけではありませんが、ミュージック・アワー等ほど人気がある曲ではないので。
★☆☆☆☆

 

19th『ジョバイロ
前回の披露は2015年のダイキャスツアー。
そろそろ来るのでは。
★★★★☆

 

DON’T CALL ME CRAZY
ジョバイロと両A面でその影に隠れているハードロックな曲。
単独では2011年のつま恋ロマポル’11、イベント含めると2013年のBBQつま恋フェス以来ではないでしょうか。
そろそろ来そうな予感。
★★★☆☆

 

20th『ハネウマライダー
タオル回しが定番のこの曲は2006年のリリース以降、ほぼ全ての単独ライブで披露されています。
記憶にある中で演奏がなかったのは、2012年のPANORAMA×42の12月のアリーナ公演と、新たなタオル回し曲(Ohhh!!! HANABI)ができた2015年のダイキャスツアーくらいです。
★★★★★

 

21st『Winding Road
秋にぴったりのこのバラード曲も、しまなみロマポルと直後の「Dream festival」で披露したので…
☆☆☆☆☆(初の0をつけてみます)

 

22nd『リンク』

ライブ映えする曲ですが、前回の全国ツアーBEの後半日程(ネオメロドラマティックと入れ替え)で披露されていたので。
★★☆☆☆

 

23rd『あなたがここにいたら
ポルノのシングルでオリコンウィークリーチャート1位を獲得した最後の曲です。
冬にぴったりの曲ですので、2013〜2014年のLEMF1999以来(この時もメドレー)の披露となるかも…?
★★★☆☆

 

25th『ギフト』
2008年のリリース以降、意外と演奏率が高いです。
国内単独では2016年のTHE WAYから毎回演ってますので、そろそろお休みな気がしなくもないです。
★★★☆☆


今回はここまでです。
「いつ以来の演奏」ってよく書かせてもらってますが、もし情報が間違ってたら教えてほしいです!!

 


PORNOGRAFFITTI 15th Anniversary “ALL TIME SINGLES”